【緊急】『インドオディシャ州プリー2019サイクロン災害救援プロジェクト』

投稿日:

【緊急】
救援金の受付を開始いたします。

??5月3日プリーを襲った巨大サイクロンによる災害について

2019年5月3日、インド東部オディッシャ州プリーに巨大サイクロン「Fani -ファニ-」が上陸しました。

「ファニ」の勢力はプリー至上最大級のサイクロンで、現在も120万人以上が避難生活を送っていると報道があります。

想像を絶する暴風雨が人々や家を襲い、停電、断水、通信手段断絶等の甚大な被害をもたらしています。

現在はインド政府の対応や近隣の週からのサポートもあり少しずつ、復旧に向かってはおりますが、

依然として猛暑等も重なり、この過酷な状況は続いています。

今現在、我々が把握している現地からの被災情報は
「プリーの学校、民家、商店、ホテル等の崩壊」
「ライフライン断絶、復旧の見通しがたたない」
「多くの方が避難している」
「漁村の船も家屋もすべてなくなり、漁村が村ごとなくなったこと」

そして、甚大な被災に遭われた現地では

人々が協力し合い、過酷な状況下で復興を目指し、
「前向きにがんばっている」
ということです。

しかし連絡手段が限られている中、実際の被災状況などが少しづつ明らかになってきてはいますが、最新の被災情報を入手することは困難を極めています。

この甚大な被害に一刻も早く対応をするために、
日本国内での救援金の募金による支援のお願いを開始することと致しました。

この度のみなさまからお寄せいただきました救援金は、
当NPO法人が責任を持ち、2019サイクロン災害救援金として、
被災した方々への支援活動及び復興活動のために使用させて頂くことをお約束致します。

救援金の受付先は下記に記載してございます。

??私たち「JAPAN INDIA CLUB」と「オディシャ州プリー」との繋がり

私たちは一年に一度、今回被災した、オディシャ州プリーにて「ODISHA JAPAN FESTIVAL」という音楽フェスティバルを開催しております。

代表・宮原は2014年、タブラ修行のためプリーを訪れました。

その時に経験した出来事、出会い、すべてに感謝し、自分の得意なこと「音楽」で恩返しをしたいと思い、同年にフェスを始めました。

やがて、その思いに賛同した仲間やアーティストが集まり、 世界一あたたかいフェスティバルが毎年プリーで開催されています。

「自分の好きなこと、得意なことで喜んでくれる人がいる。こんな幸せなこと他にあるかな。」を合言葉に、
国境、文化、言語、宗教、すべての壁を超えて、奇跡のような時間を現地の方々と、みんなで共有させて頂いております。

そしてそこから生まれる収益は、毎年現地に寄付させて頂く活動を毎年続けております。

フェスの様子はこちらからご覧ください。

6年目のフェスを2月に終え、毎回、プリーの人々から日本人が頂くエネルギーの多さに感動すると共に、
現地の皆様にフェスの開催を楽しみにしてくださる気持ちをより一層感じつつ、
7年目に向けて動き出している矢先の被災でした。

??救援金受付について

この度の救援金の受付は、みなさま、それぞれがご都合に合った方法でお気持ちをお寄せ頂けるよう、
さまざまな受付方法をご用意させて頂きました。
下記に受付方法を記載させて頂きました。
また、別の方法を開設致しましたら、順に追加させて頂きます。

-------------------

① NPO法人JAPAN INDIA CLUBへ
直接ご支援を頂く皆さまへ

・ゆうちょ銀行

店名 018 ※読み:ゼロイチハチ

店番 018

記号 10150

口座番号8674013

普通預金 トクヒ)ジャパンインディアクラブ

② クラウドファンディング「Readyfor」からご支援を頂く皆さまへ
現在準備中です。
少々お待ちください。

③ 募金箱を設置致しました。
下記より設置場所をご確認ください。

また、募金箱を設置していただける方・お店など募集しております。

●LUSH @渋谷

●ふろんてぃあ @大山

●BASEMENT BAR @下北沢

●Studiobayd @下北沢
-------------------

温かなご支援を何卒よろしくお願い致します。

NPO法人 JAPAN INDIA CLUB
連絡先:japan.india.club@gmail.com

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JAPAN INDIA CLUB

インドと日本を深く繋いでいく活動をしています。 ODISHA JAPAN FESTIVAL,PURI ROCK FEST主催

Copyright© JAPAN INDIA CLUB , 2019 All Rights Reserved.