【開催報告】2018年度レポート

更新日:

2018年も皆様の手厚いご協力により、無事終了することが出来ました!
本当にありがとうございます!

 

代表より

 

 

全てが詰まった公式映像はこちら!

 

 

モーモールルギャバン
ゲイリー・ビッチェ

18年ぶりにインドの大地を踏ませてくれたODISHA JAPAN FESTIVALには感謝しかないです。そして音楽が言葉や国境をいとも簡単に越える事を立て続けに経験させてもらい、国内ではなかなか肩身の狭いバンドマンという生き方に改めて誇りを持つことができました。インドの人たちとまた必ず音楽で一つになりたい。日々精進する理由ができたのでお酒はほどほどにしようと思います(?) 全ての出会いに感謝しています。必ずまた逢いましょう!
ダンニャバード!

 

Conti 小林拓馬

Conti初の海外公演がインドでこのフェスに参加できたことがとても光栄でした。この先もODISHA JAPAN FESTIVALが末永く続きますように!

Conti 鹿島信治

南インドしかほぼほぼ行ったことなく今回のこのODISHA JAPAN FESで初オリッサ州プリー! 行きのトラブルによってよそよそしかったメンバーも一気に団結しインドに到着! そんなメンバーだったのでインドで何が起きても大丈夫! 学校でのコンサートはとても暖かく迎えてもらいそしてメインのプリーゴールデンビーチでは大きなステージがビーチに! 本当に興奮しました! このメンバーで行けてよかった! そして改めてインドが大好きです! インド足りないーー! ありがとうございました。

We are さいたま篠笛X

我々のようなイロモノが、インドの方々に受け入れてもらえるのか、とても不安でしたが、子どもたちの歓声を聞いた瞬間に、そんな不安も吹き飛びました! 今回はこのようなチャンスをいただきまして、本当にありがとうございました! いつの日かまた、必ずインドで演奏したいと思います♪

Kentaro Nagata

インドサイコー! ナチョスサイコー!! ODISHA JAPAN FESTIVALサイコー!!!

TUIUIU アップルまさ

ODISHA JAPAN FESTIVAL。最高でした。 そして、ナチョスさんをはじめ、フェスに関わってくださったすべての方々。最高でした。 僕は完全にノックアウトされてしまいました。 幸せです。また来年のフェスも楽しみですねー。

 

kunna

インド日本友の会代表であり京都国際観光大使のクンナさん。

クンナ・ダッシュさん

 

tuna

India Japan Friendship center代表。多数のメディアを集めて下さいました。

トゥンナ・ダッシュさん

 

fakuna

サンタナゲストハウス代表。お世話になりっぱなしです。

フォクナ・ダッシュさん

 

ao

下北沢BASEMENTBARの敏腕PA青ちゃん。かっこいい女日本代表。

PA青ちゃん

 

akane

大変な現場も機転を利かせて助けてくれました。またインドに来てくれるって!

ステージあかねさん

 

beat

代表の水口さんがゲイリーさんと会うきっかけをくれました!全てはココから。

Beat Happening!

 

babuna

日本語堪能なバブナさん打合わせ、通訳、出演者のケアなど力を注いでくれました。

バブナさん

 

nittin

明るく盛り上げてくれました。買い出しや修理など助けてくれました。

ニティンさん

 

betty

才気溢れる新進映像作家。4/1のイベントで今回の映像を初出し!

映像作家 山辺真美

 

shuri

面倒くさいことを次々と笑顔でこなす逸材。インドを愛する現地スタッフ代表。

シュリちゃん

 

kenta

ライター・ブロガー。インド在住。サンタナデリーで会えるかも?!

ケンタさん

 

nao

国民的弟。前夜祭、打ち上げなど、体力の限界まで頑張ってくれました!

なおくん

 

1日目、フェスの前に弾丸観光!

翌日、お客様、インド人、みんなでホーリー!


皆様から寄付して頂いた日本語下敷き


ORGNIZED BY JAPAN INDIA CLUB

写真・文章の無断転用・転載を一切禁じます。

Copyright© ODISHA JAPAN FESTIVAL , 2018 All Rights Reserved.